面長でも小顔に見える髪型

小顔 TOP > 面長でも小顔に見える髪型

面長でも小顔に見える髪型

面長でも小顔になるためにはマッサージやエステ、小顔体操など時間をかけてケアをしていくことが大切ですが、 実際に顔の大きさを変えなくても髪型を変えて視覚的効果で小顔に見せることもできます。

よく髪型を変えただけで「痩せた?」と聞かれたり、「顔が小さくなったね」といわれたことがありませんか? 実際に顔を小さくするのは時間と努力が必要ですが少し髪型を変えるだけで見た目は大きく変えることができるのです。

まず小顔に見える髪型というと頭の部分だけを注目しがちですがそれは違います。 体全体のバランスを見て、頭のボリュームを小さく見せるようとすることが大切です。

また重たいイメージを与える髪形を避けて、髪型と体全体のバランスをうまく釣り合わせることです。

例えば身長が低いのに顔の大きさが気になるからといってロングでボリュームのあるパーマなどをかけていると、 顔だけ見れば小さく見えるかもしれませんが、全体で見ると頭部分が重く見えバランスが悪くなり、かえって顔が大きく見えてしまいます。

ヘアメイクは顔とのバランスで決めるものだと思われがちですが、少し発想のポイントを変えて顔だけを考えて小顔効果を求めるのではなくて、 体全体のバランスを考えて髪型を選ぶことで小顔効果が期待できる髪形が決まってくるのです。

そして顔の形によっても小顔に見える髪型は大きく変わります。 面長やたまご型の場合、前髪をつくることで顔の縦の面積を狭く見せることができます。 サイドの髪はあえてアップにしたりまとめてすっきり見せた方が小顔効果が得られるでしょう。

逆に丸顔やベース型の場合はサイドの髪が重要になってきます。 髪を耳にかけたりすると頬やエラが目立ってしまうのでなるべく隠すようにおろした方がいいでしょう。 縦のラインを強調することで小顔に見えるので、パーマをかけるにしても横に広がるような頭頂部からかけるパーマではなくて、 毛先の方だけコテで巻いたようなゆるめのパーマをかけることをおすすめします。

最近流行りのデジタルパーマはコテで巻いたような縦のカールができるパーマなので、小顔効果が期待できます。 また髪の色によっても見え方は変わりますし、 小顔に見せたいために重みのある髪型にすると顔全体が暗く見えてしまって逆効果になってしまうので、 全体のバランスを見ながら自分に合ったヘアスタイルを追求していくことが大切です。

タレントのはるな愛さんは小顔に見せるために前髪の生え際を茶色く塗って髪の毛に見せかけたりしてさまざま努力していますよね。 他には帽子やヘアバンドなどの小物を使ってみたり、小顔に見せる方法はたくさんあり人によって違います。自分に合った方法を見つけ出しましょう。


リフトアップ

980円美顔器