小顔をつくる筋肉

小顔 TOP > 小顔をつくる筋肉

小顔になる方法とは

表情を生み出すために必要な筋肉は30種類以上もあるといわれています。でも普段はその一部しか使われていないのです。その中で小顔づくりに欠かせない筋肉はたくさんあり、その筋肉に意識してアプローチすれば小顔に近付けること間違いナシです。いくつか紹介しましょう。

・前頭筋
(おでこを覆う大きな筋肉。眉を上下に動かし、おでこのシワに関係があります。)

・後頭筋
(頭の後面を覆う筋肉。おでこを引っ張り上げて伸ばしています。)

・側頭筋
(耳の上に扇状に広がる筋肉。顔全体を引き上げる役割があります。)

・鼻根筋
(両鼻頭の間あたり。眉間の皮膚を引き上げて鼻の上に縦ジワをつくります。)

・皺鼻筋
(眉を内側や下に引く筋肉。眉間のシワはこの筋肉が収縮することによってできます。)

・眼輪筋
(文字どおり目の周りを囲む筋肉。まぶたの開閉やたるみ、シワに関係してきます。)

・上唇鼻翼挙筋
(鼻の両脇に沿っている筋肉。唇や小鼻を引き上げます。)


・小頬骨筋
(ナチュラルな笑顔に欠かせない筋肉。鍛えると頬のたるみを予防できます。)

・大頬骨筋
(ダイナミックなにっこり笑顔をつくる筋肉。口角を引き上げます。)

・笑筋
(大・小頬骨筋とともに笑顔をつくる筋肉。えくぼができるのもココです。)

・咬筋
(奥歯でものを噛むときに使う筋肉。えら張りの原因になっていることもあります。)

・口輪筋
(唇のまわりにある筋肉。口元のさまざまな表情をつくります。)

・オトガイ筋
(あごの梅干し状のシワができる筋肉。衰えると二重あごの原因になってしまいます。)

・顎二腹筋
(舌骨を引き上げたり、下あごを下に動かす筋肉。二重あごに関係してきます。)

・胸鎖乳突筋
(首にある比較的目立つ筋肉。首や頭を回すときなどに使われます。)

このように顔にはたくさんの種類の筋肉があり、これらによって私たちの表情はつくられています。 この筋肉をかたまったままにしてしまうと顔がむくんでしまったり太って見えてしまったりしてしまいます。 すべての筋肉にアプローチするのは時間も手間もかかってしまい大変なので、 毎日その日使った筋肉を自分で確かめてアプローチしていくことでむくみも取れ、小顔に近付いていくでしょう。 なにより表情が明るくなり変わってきますよ。


リフトアップ

980円美顔器