アンチエイジングするには

小顔 TOP > アンチエイジングするには

アンチエイジングするには

どろあわわ 最近よく耳にしたりテレビで見る「アンチエイジング」。 この言葉にはどんな意味があるのでしょうか。

まず「アンチ」という言葉には抵抗する、対抗するなどという意味があります。 そして「エイジング」は歳を取る、加齢という意味です。 つまりアンチエイジングとは「歳を取ることに抵抗する」という意味があり、若返りや老化防止にもつながります。

歳を取ることは誰も止められませんしどうすることもできません。 しかしその老化のスピードを少しでも遅らせることはできます。つまりアンチエイジングとはこういうことです。

アンチエイジングというと肌や顔のことを思い浮かべると思いますがそれだけではないのです。 体の中も老化とともに変化していき、生活習慣病や大きな病気にかかりやすくなります。 美肌になる化粧品やサプリメントも大切ですが体の中からきれいにしていかなければいけません。 そのために効果的なのは血液の老化を予防する事です。 血液が老化してしまうと循環が悪くなり、肌や髪の毛などのハリやつやがなくなり老化現象があらわれます。 それだけではなく肩や腰などのコリも悪化し痛みやむくみ、しびれなどの症状も出てきます。 血液循環を良くすることが重要になってきます。 そのためには身体を冷やしすぎないこと、なるべく温かいものを摂取すること、食べ物からカルシウムを摂取するようにしましょう。


脳のアンチエイジングだって大切ですよ。
気持ちや考えも若くなければいけません。手先を動かしたり計算したりして脳を活性化することで、物忘れなどを防ぐことができます。 頭も手先も使う料理はこれらをすべて兼ね備えているのでおすすめです。 見た目に関してはアンチエイジング用化粧品なども出てますし、マッサージやエステなどを使うと効果は大きいと思います。 運動して体を鍛えることも大切です。

以前は25歳がお肌の曲がり角といわれていましたが、最近では紫外線やストレスなどから10代でお肌の曲がり角といわれたりもしています。 そのためにも若いうちから予防していかなければなりません。 だからといって若いうちにアンチエイジング用化粧品を使ってもあまり効果は得られません。 まずは紫外線や乾燥から肌をしっかり守り、ストレスを溜めない規則正しい生活を送りましょう。 それが老化のスピードを変えていくのです。


リフトアップ

980円美顔器