小顔になる方法をご紹介します。

顔太りから小顔になる方法は?

アムロちゃんやキョンキョンなどいつの時代も女性なら誰でも憧れる小顔。 いくら体が細くても顔が大きいと太って見えたり体格がよく見えたり損しているように感じてしまうものです。 だからこそ、小顔になりたい!そんな貴方を応援しています。

[PR] エコルシェ

小顔になるには、その方法について

小顔 顔のむくみがとれたり痩せただけで印象も大きく変わります。 生まれつきの骨格もありますが日々の努力で小顔に近づくことはできるんですよ。

まず規則正しい生活を心がけましょう。
ストレスや睡眠不足、お酒の飲みすぎなどで顔はむくみます。 これらに気をつけるだけで顔の印象はだいぶ違ってくると思います。

そしてそれに加えて大切なのが顔のマッサージです。
マッサージにも種類はあり人によって効果の出るものや合わないものなどあるでしょう。 どのマッサージをするにしても注意しなければいけないのは必ずクリームやオイルなどを塗って滑りをよくしてマッサージすることです。 乾いた肌のまま行ってしまうとしわの原因になり悪循環です。気をつけましょう。

顔のマッサージで代表的なのはリンパの流れを良くして老廃物を排出する「リンパマッサージ」です。
老廃物をためないように促すことでむくみなどが解消されすっきりした顔を保つことができます。

その他、硬くなった筋肉や脂肪のかたまりに圧力をかけ筋肉を強化する田中宥久子さん考案の「造顔マッサージ」なども有名で本なども売れています。 新しいものですと、首の後ろを押してむくみやすさやたるみやすさの根本の原因である骨格のゆがみ(特に頭蓋骨と頸椎のゆがみ)を正すKOMAKI先生考案の「頭蓋骨矯正マッサージ」などもあります。

今話題の韓国からも「骨気(コルギ)」という小顔マッサージ方法(骨をマッサージする美容法)がきています。 これは骨と骨のつなぎ目をマッサージすることで老廃物を流し、顔のたるみを解消する効果があります。 韓国は美容大国なので注目度は高いです。

この他にも小顔になるためのフェイスマッサージはたくさんあり方法も違いますが、 どれも共通していえることは顔が大きく見えてしまう原因のむくみやたるみを根本的に解消しようということです。 そして忙しい現代人に合った1日30秒だったり3分であったり短時間でできる簡単なマッサージということです。 日々の積み重ねで小顔への道は開けます。あこがれの小顔美人目指して毎日のマッサージを習慣づけましょう。

5つに分かれる顔太りのタイプ

太ったり痩せたり1番わかりやすく見た目に現れるのが顔です。顔はお腹や脚と違って隠すことができないのでなるべく早く対処したいですよね。 しかし顔太りの原因はみんな同じではなく大きく分けて5つに分けられます。

この原因がわからなければいくら小顔になりたくて色々と試しても意味がありません。

まずは自分の顔太りの原因は何かを知ることが大切です。 大きく5つに分けた原因は、むくみ,脂肪太り,骨格のゆがみ,筋肉のゆるみ,固太りになります。

では、その5つのタイプとは? 続きは、こちら→

小顔マッサージで老廃物除去!

小顔 口元に良くできる法令線(ほうれいせん)。これは顔の中にできる他の表情ジワとは違って、たるみによりできるものなのです。

口元の皮膚がたるむと共に頬の部分の厚い脂肪が下がってくるとできます。

法令線は他のシワに比べて非常に深いシワなのです。

ですから残念ながらシワ用の化粧品はあまり効き目がありません。

コラーゲン注入やヒアルロン酸注入などの『プチ整形』でないと改善はなかなか難しいでしょう。

どちらのお手入れも持続効果は4〜6ヶ月程で、注入にかかる時間は15分程度のようです。

特に大きな腫れなど出ないので、そのまま外出しても、メイクをしても大丈夫なのです。

それから、コラーゲンよりヒアルロン酸の方がアレルギーを起こしずらいので最近ではヒアルロン酸注入の方が利用率が高い傾向にあります。

プチ整形と言われているので簡単にできる手軽な事と甘く考えられがちですがトラブルに巻き込まれたりする可能性もゼロではないので利用する際は、それなりの心得が必要でしょう。

そこでオススメしたいのが自宅で出来る小顔マッサージです。 続きは、こちら→

大人気の小顔グッズ

実際の使用感を体験してみました!!
限定販売【エステナードソニックMOMO】
普通のスキンケア(化粧水、乳液)は毎日していましたが、それまで特に肌の悩みはありませんでした。ですがある時期から急に肌にハリがなくなり、たれてきているに気づきました。子育て中は疲れが溜まりますし、寝不足にもなります。。。 →続きを見る